更年期障害の治療法とは

ハートと聴診器

一度病院で相談を

様々な症状に悩まされる更年期障害。めまいやホットフラッシュなどから、不眠や関節痛など人によって症状はまちまちです。自分でやり過ごせる程度であればしばらく様子を見ても良いでしょう。しかし、長期間不快な症状が続いている場合や、それまでのライフスタイルを送れなくなったり、社会活動が困難になったりしていれば、病院での治療をおすすめします。近年では、更年期障害の治療は様々あり、症状の改善につなげられる場合も多いようです。その一つに、ホルモン補充療法(HRT)があります。更年期障害の原因に女性ホルモンであるエストロゲンの減少がありますが、このエストロゲンを薬によって補充し症状を改善する治療法です。子宮がある人は、プロゲステロンの投与も併せて行われる場合もあり、更年期障害の根本治療として注目がされています。また、すでに服用中の薬が多いなどの理由でホルモン補充療法が難しい人や、ホルモンを投与する治療法に抵抗感がある人には、漢方療法がおすすめです。更年期障害による症状のつらさを漢方薬で緩和しながら、ホルモン減少に対し体を慣れさせていきます。更年期障害は、人により体だけでなく心理的な症状が多々見受けられるのも一つの特徴です。この場合は、カウンセリングも併せて受けると良いでしょう。不安障害やうつ状態を改善するために、抗うつ剤や抗不安薬の処方がされる場合もあります。病院で診察を受ける場合は、月経についての問診やホルモン量を計測する検査、骨量測定などが行われるほか、現在の症状が他の病気でないかの診断もされるので、一度医師へ相談すると良いでしょう。