更年期のつらい症状

婦人

更年期障害の診断を受ける

更年期と言われる時期になると卵巣の機能が衰え、エストロゲンという女性ホルモンが減少します。ホルモンバランスが乱れは自律神経に影響を及ぼします。例えば、気温が高くない状態でも体が熱く感じられ、のぼせたような状態になったり、汗をかきやすくなったり、逆に寒さを強く感じることもあります。特にのぼせたような症状はホットフラッシュと言われ、更年期障害の典型的な症状です。また、人によっては精神的に不安定になり、イライラするだけでなく憂うつな気分になる人もいます。外見的には肌が乾燥しやすくなっているため、肌荒れや体型の変化など美容の面で症状が現れることもあります。他にも、記憶力や判断力が低下したり、体が疲れやすくなったりして、日常生活や社会生活が困難になる人もいます。他にも耳鳴りやめまい、頭痛を訴える人もいますし、眠れなくなる人もいます。更年期障害には様々な心身の症状が見られます。40代になり、原因がわからない体調不良がある時は、更年期障害を疑い、病院を受診するようにしましょう。早い段階で医師に相談すれば、悩みもすぐに解消できます。更年期障害の症状は病院でチェックすること可能です。確実に症状を見極めることでつらい更年期の症状を和らげる治療を受け、心身共に安定した状態で毎日を少しでも快適に過ごすことを目指せます。そして体を充分休めたり適度な運動をしたり、あまり神経質になりすぎないといったセルフケアも大切になります。