女性特有の病気

ドクター

早めの治療で老後も楽しく

女性は40代、50代ともなると、更年期を迎えます。この年代となると、月経異常や月経不順、中には閉経し始めます。この理由として、卵巣機能が衰え始めることによって、女性ホルモンが減少してしまう事が考えられます。女性ホルモンであるエストロゲンが減少する事により、脳は頻繁に卵胞刺激ホルモンを分泌し、卵巣からエストロゲンを出すよう支持します。しかし更年期あたりの卵巣には、十分な量のエストロゲンを分泌できない為、ホルモンバランスが乱れてしまいます。更年期障害脳は主な症状として、顔や体がホテルなどのホットフラッシュ、のぼせ、胸の痛みやむくみ、尿漏れなど、他にも様々なものが挙げられます。更年期障害はこのような身体的な症状の他に、イライラやうつ、睡眠障害、物忘れの悪化などの、精神的な症状まであらわれます。更年期障害と一言で言っても、それには様々な症状があり、個人差もあります。軽度の人もいれば、日常生活に支障をきたしてしまう場合さえもあります。軽度の場合であれば、セルフケアでも改善する事は可能です。例えば適度な運動や和食中心のバランスの良い食事、ストレスを溜めないように上手く発散するなどです。しかし更年期障害の症状が重度の場合は、病院での治療がオススメです。例えばホルモン治療といって、閉経後に減少しがちなエストロゲンを飲み薬や貼り薬で補充する、また薬での治療に抵抗があれば、漢方薬での治療も効果的です。